ammba 利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます。)には、株式会社つくるーむ(以下「当社」といいます。)の提供する「ammba」サービスのご利用にあたり、クライアント、マーケター、登録マネージャーおよび登録アンバサダーの皆様に遵守していただかなければならない事項ならびに当社とマーケター、登録マネージャーおよび登録アンバサダーの皆様との間の権利義務関係が定められております。当該「ammba」サービスをクライアント、登録マネージャーまたは登録インフルエンサーとしてご利用になる方は、本規約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。


第1章 総則


第1.1条 (目的)


1 本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、当社が提供するマーケター(第1.2条に定義します。)とアンバサダー(第1.2条に

 定義します。)とのマッチングサービス「ammba」(以下「本サイト」といいます。)の利用者が遵守すべき事項及び利用者と当社     

 との権利義務関係を定めるものです。

2 本サービス(第1.2条に定義します。)の利用者は、本規約の内容を十分理解した上でその内容を遵守することに同意して本サービス

 を利用するものとし、本サービスを利用した場合には、当該利用者は本規約を遵守することに同意したものとみなします。

 

 

第1.2条 (定義)

 

 本規約の中で使用される以下の各用語は、それぞれ以下の意味を有するものとします。

 (1)「本サービス」

 本サービスは「ammba」のサービス名称に基づき提供されるサービスを総称するものとします。
 本サービスの詳細は、別途、当社ホームページにて定めるものとします。なお、本サービスの仕様変更は、当社ホームページ上に掲示 

 するか、または利用者へ電子メールやその他の方法で送信通知することにより、利用者の認識の有無に拘わらず、本サービスの仕様が 

 変更されるものとします。

 (2)「会員」

 本サイトで所定の会員登録手続を行って当社から登録の承諾を受けた個人又は法人をいいます。

 (3)「利用者」

 会員又は非会員を問わず本サービスの提供を受ける個人又は法人で、本サイトの閲覧者も含みます。

 (4)「クライアント」

 本サービスにクライアントとして登録している者で、本サービスを通して、かつ、当社を通じて間接的に登録マネージャーまたは登録 

 インフルエンサーに対し本件委託業務を委託し、または委託しようとする個人もしくは法人を意味します。

 (5)「マーケター」

 本サービスを通してアンバサダーに業務を委託し、又は委託しようとする個人又は法人をいいます。

 (6)「アンバサダー」

 本サービスを通じてマーケターから業務を受託し、又は受託しようとする個人又は法人をいいます。

 (7)「マネージャー」

 本サービスを通じてマーケターから業務を受託し、又は受託しようとする者の活動がスムーズに行えるようにサポートする個人又は法 

 人をいいます。

 (8)「受発注者」

 マーケター及びアンバサダー、マネージャーの総称のことをいいます。

 (9)「本取引」

 本サービスを通じてアンバサダーとクライアント及びマーケターとの間で締結される業務委託契約をいいます。

 (10)「本件業務」

 本取引に基づいてアンバサダーが受託する業務をいいます。

 (11)「本利用契約」

 利用者と当社との間で締結される本サービスの利用契約をいいます。

 (12)「登録情報」

 会員登録手続で入力・提供された一切の情報をいいます。

 (13)「個人情報」

 住所・氏名・電子メールアドレス等特定の個人を識別できる情報をいいます。

 (14)「秘密情報」

 会員が本サービスを通じて当社又は他の会員から得た、技術、開発、製品、営業、計画、ノウハウなどに関する一切の情報のことをい

 います。

 (15)「開示者」

 本サービスを通じて、他の会員に自ら権限を有する秘密情報を提供した会員又は当社をいいます。

 (16)「被開示者」

 開示者から秘密情報の開示を受けた会員をいいます。

 (17)「アカウント等」

 「アカウント等」とは、ソーシャルプラットフォーム内において登録アンバサダーが自己の制作した動画・写真等のコンテンツをアッ

 プロードする自己または自己が所属する組織が管理する自己の専用チャンネルまたはアカウントを意味します。

 

 

第1.3条 (適用範囲)

 

1  本規約は、利用者と当社との間の本サービスに関する一切の関係について適用されるものとします。

2  当社は、当社所定の方法により、本サービスの提供又は利用に関する個別の規約(以下「個別規約」といいます。)を定めることが 

 できるものとします。この場合には、当該個別規約は、本規約の一部を構成するものとします。ただし、本規約の内容と個別規約の内 

 容が矛盾抵触する場合には、個別規約の内容が優先して適用されるものとします。

 

 

第1.4条 (本規約の変更)

 

1  当社は、一定の予告期間を設けた上、本規約を変更できるものとします。

2  当社は、本規約を変更した場合には、変更後の本規約を書面(電子メール及びその添付ファイルを含む。)、当社ウェブサイトその 

 他当社が適当と判断する方法で利用者に告知し、かかる方法により明示された期日にその効力を生じるものとします。

3  本規約に別段の定めがある場合を除き、利用者が変更の効力発生日以降も本サービスを利用した場合には、利用者は、本規約の変更

 に同意したものとみなします。

4  本規約の変更に同意しない場合、利用者は、本規約の変更が有効になる前に本サービスの利用の停止又は退会手続を行うものとしま 

 す。

 

 

第2章 登録手続


第2.1条 (登録手続)


1 会員登録手続を行うことができるのは、その会員となる本人(法人の場合には対外的な契約権限を有する者)に限られるものとし、 

 代理人による会員登録は認められないものとします。

2 会員登録手続を行う者は、登録した情報全てにつき、その内容の正確性・真実性・最新性等一切について保証し、責任を負うものと

 します。

3 会員として登録できる者の資格・条件は以下のとおりとします。ただし、法人の場合には第1号及び第2号は適用されません。

 (1) 満15歳以上であること

 (2) 未成年である場合には法定代理人の包括的な同意を得ていること

 (3) 電子メールアドレスを保有していること

 (4) 既に本サービスの会員となっていないこと

 (5) 本規約の全ての条項に同意すること

 (6) 過去、現在又は将来にわたって、暴力団等の反社会的勢力に所属せず、これらのものと関係を有しないこと

4 当社は、会員登録手続を行った個人又は法人が以下の各号に該当する場合、会員として登録することを承諾しない場合があります。

 また、承諾・登録後であっても、会員について以下の各号に該当する事実が判明した場合には、承諾・登録を取り消すことがありま 

 す。

 (1) 会員登録の資格・条件を満たさない場合又は満たさなくなった場合

 (2) 入力された登録情報に虚偽の情報があることが判明した場合

 (3) 当社からの電子メールを受領できない場合

 (4) 本規約に違反する行為を行った場合

 (5) その他当社が当該会員の登録が不適切であると判断した場合

5 当社が会員登録を承諾した時点で、本利用契約が成立するものとします。

6 登録情報及び本サービスの利用において当社が知り得た利用者の情報(個人情報含む)については、別途定める「プライバシーポリ

 シー」に従って取り扱われるものとします。ただし、アンバサダーによる本件業務の遂行上必要と認められる場合には、当該必要の範

 囲内において。当社から、クライアント又はマネージャー、マーケター、アンバサダー、もしくは、当社の手足となる第三者(配送業

 者、その他業務委託者)に対し当該情報を提供することがあり、利用者はこれに同意するものとします。

7 芸能事務所やレーベルに所属されている方は、必ず事前に事務所と相談の上、登録する事を前提とします。当社は利用者と所属され

 ている芸能事務所及びレーベルの間の契約に関して、一切の責任を負いません。

 

 

第2.2条 (ID・パスワードの管理)

 

1 会員は、登録したID及びパスワードについて、自己の責任の下で厳重に管理し、ID及びパスワードの盗用を防止する措置を自ら講じ

 るものとします。これは、ソーシャルプラットフォームログイン・ID連携によるログイン方法が含まれます。

2 会員は、登録したID及びパスワードについて、第三者による利用や第三者への貸与・譲渡等の行為を行ってはならないものとしま

 す。

3 ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等により被った損害は会員が責任を負うものとし、当社は、かかる会

 員の損害について一切の責任を負わないものとします。

4 会員は、ID及びパスワードの盗用や第三者による使用が判明した場合、直ちにその旨を当社に通知し、当社からの指示に従うものと

 します。

5 利用者は、本サービスの一部に使用する登録メールアドレス、ニックネーム、およびパスワードの管理について一切の責任を負うも

 のとします。

6 当社は、登録された登録メールアドレス、あるいはニックネームとパスワードによって本サービスの利用があった場合、ユーザー登

 録を行った本人が利用したものとして扱うことができるものとします。当該利用によって生じた結果、およびそれに伴う一切の責任に

 ついては、ユーザー登録を行った本人に帰属するものとします。

 

 

第2.3条 (利用者の自己責任)

 

 利用者は、本サービスの利用に伴い、自己の責めに帰すべき事由により第三者に対して損害を与えた場合、又は第三者から異議、クレ

 ームその他請求がなされた場合、自己の費用と負担において、これを解決するものとします。また、利用者が本サービスの利用に伴っ

 て第三者から損害を被った場合、又は第三者に対して異議、クレームその他請求を行う場合も同様とします。

 

 

第2.4条 (利用環境の整備)

 

 利用者は、自己の責任と費用負担において、本サービスを利用するために必要なPC又はタブレットその他の端末、ディスプレイ又は 

 モニタその他の表示装置、インターネット環境その他の動作環境等を整備するものとします。

第3章 本サービス


第3.1条 (本サービスの内容)


1 当社は、本サービスによる情報提供を通じて、本取引を行うためのツール及びプラットフォームの提供を行います。

2 アンバサダーは、本サービスにおける募集案件に参加した場合、ソーシャルプラットフォーム等へ掲載物を投稿することにより、マ

 ーケターの商品またはサービスに関する情報を宣伝するものとします。但し、マーケターは、募集案件において掲載物のハッシュタグ

 やキーワード等を指定することができますので、アンバサダーは、当該指定内容が自己の価値観、信条、真意に反する場合は募集案件 

 への参加はお控えください。募集案件に参加して掲載物を公告した場合は、アンバサダーの価値観、信条、真意に基づいた投稿とみな

 します。

3 本サービスは、クライアントを含むマーケターとアンバサダーが本取引を締結することを目的とするものであり、当社は、本取引の

 当事者とはなりません。ただし、本取引に基づくクライアントを含むマーケターからアンバサダーに対する報酬の支払事務は、第5.1

 条 に定めるところによります。

4 クライアントを含むマーケター及びアンバサダーの間で本サービスを利用して契約を締結する場合、契約の形式は業務委託契約とし

 ます。また、当該契約内容に含まれるか否かにかかわらず、クライアントを含むマーケターは、アンバサダーが受託業務を行う際に、

 業務内容及び遂行方法について具体的な指揮命令を行うことや、業務の遂行場所及び時間を指定する等、クライアント及びマーケター

 の指揮命令権限を原則行使することができないものとします。

5 本サービスにおいて、当社は、本取引を行うアンバサダーの選定及び本件業務の遂行並びにその成果物について 、それらの内容・品

 質・信憑性・適法性・正確性・有用性・第三者の権利の非侵害等の確認及び保証を行わないとともに、それらの問題に関して一切の責

 任を負いません。

6 利用者が本サイト内で本取引を行う目的でのみ利用可能であり、販売、配布、あるいは開発など他の目的で使用することはできませ

 ん。

7 利用者は、本サイトを、当社から提供された状態でのみ利用するものとし、本サイト、あるいは本サイトのプログラムの一部、ある

 いは全部の複製、修正、変更、または改変などを行ってはいけません。

 

 

第3.2条 (会員間の連絡、直接契約の禁止)

 

1 会員間の連絡は、原則として本サービス内において行うものとします。ただし、当社が事前に承諾した場合はこれに限りません。

2 会員又は過去5年以内に会員であった者は、会員又は過去5年以内に会員であった者と、本サービスを利用せずに、直接に本サービス

 を通じて委託可能な内容に関する業務委託契約を締結すること及びその勧誘をすることを行ってはならないものとします。ただし、当 

 社が事前に承諾した場合はこの限りではありません。

 

 

第3.3条 (本取引の成立)

 

1 マーケターは、業務の依頼に際して報酬金額を設定した上で依頼内容を決定するものとします。

2 マーケターは、マーケター所定の期間内に、前項の依頼に応募してきたアンバサダーの採用又は不採用を決定した上、採用の場合に

 は当該アンバサダーにその旨を連絡するものとします。なお、当該期間内にマーケターからアンバサダーに対して採用の連絡がなされ

 なかった場合には、マーケターは、当該応募の不採用を決定したものとみなします。この場合、アンバサダーは、当社及びマーケター

 に対し、当該応募の不採用について、理由の開示の請求、異議を申立てることはできないものとします。

3 マーケターが特定のアンバサダーを採用した時点で、当該マーケターとアンバサダーとの間で本取引が成立するものとします。な

 お、本取引成立後に契約内容の変更はできないものとします。ただし、相手方の同意がある場合にはこの限りではありません。

4 クライアント及びマーケターは、本件業務の成果物の商標等に関して、商標登録等がなされることを保証するものではないことに同

 意するものとします。

5 次条の納品に先立ってクライアントを含むマーケターが本件業務の成果物の内容について事前チェックを行う場合、受発注者は、当

 該事前チェックのためにクライアントを含むマーケターが当該成果物を一時的に支配下に置いた時点ではなく、次条の納品日をもって

 当該成果物の受領日とすることに合意するものとします。

6 本取引の成立に際して、アンバサダーとクライアントを含むマーケターの間で業務内容・報酬金額・納期等以外に瑕疵担保責任の有

 無等の取決めを行う必要がある場合は、当事者間で別途合意するものとし、当社は、その合意の存否及び内容について関知せず、その

 結果生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

 

 

第3.4条 (成果物の納品・検収)

 

1 アンバサダーは、マーケターに対し、納期までに本件業務の成果物を納品するものとします。

2 マーケターは、アンバサダーから納品された本件業務の成果物が依頼内容に合致しているか審査し、当社に対して検収結果(合否)

 を通知する義務を負うものとします。なお、当該成果物の納品後1週間以内に、マーケターが検収結果を通知しない場合、当該成果物

 は、マーケターの検収に合格したものとみなします。

3 前項の検収の結果、マーケターの検収に合格した時点で業務は完了するものとします。

4 当社は、アンバサダーに対し、第2項の検収結果について、何らの説明責任、損害賠償その他の責任を負わないものとします。

第3.5条 (本件業務の中断・停止)
1 本件業務の完了前に、マーケター又はアンバサダーの都合により、本件業務の中断・停止を希望する場合は、マーケターとアンバサ

 ダーの間で協議のうえ、当事者間が合意した場合に限り、本件業務の中断及び停止ができるものとします。

2 前項に基づき、本件業務を中断・停止した場合には、マーケターは当社に対して、その旨について直ちに報告しなければならないも

 のとします。

 

 

第3.6条 (法令の遵守)

 

会員は、本サービスにおける会員間の取引において、以下の各号の法律上の規定その他業務委託に関する法律を遵守します。

 (1) 本取引によってアンバサダーに支払われる報酬について、クライアントを含むマーケターが源泉徴収をする義務があるときは、ク

 ライアントを含むマーケターは源泉徴収税の納付、支払調書の交付等の義務を履行するものとします。

 (2) 本取引が、下請代金支払遅延等防止法の対象となるときは、親事業者となるクライアントを含むマーケターは、同法を遵守するも

 のとします。

 (3) 本取引において、会員は、景品表示法、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律その他広告表示関係

 法令を遵守するものとします。

 

 

第3.7条 (基準時間)

 

本サービスの提供にあたって基準となる時刻は、全て当社のサーバ内で管理されている時刻によるものとします。

 

 

第4章 禁止事項等

 

第4.1条 (禁止事項)


本サービスの利用者が、以下に定める行為を行うことを禁止します。

 (1) 虚偽の情報を意図的に提供する行為、又はそれに類似する行為

 (2) 一人の利用者が複数のメールアドレス等を登録して重複して会員登録を行う行為

 (3) 会員資格を停止又は無効にされた会員に代わり会員登録をする行為

 (4) 他の利用者若しくは第三者を差別若しくは誹謗中傷し、又は他者の名誉若しくは信用を毀損する行為

 (5) アクセス可能な本サービス又は他者の情報を改ざん、消去する行為

 (6) 当社、他の利用者若しくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為

 (7) 他の利用者若しくは第三者の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為又は侵害するおそれのある行為

 (8) 個人情報その他第三者に関する情報を偽りその他不正な手段を用い収集、取得する行為、又はそれに類似する行為

 (9) 個人情報を本人の同意なく第三者に開示、提供する行為、又はそれに類似する行為

 (10) 犯罪行為、犯罪行為をそそのかしたり容易にさせる行為、又はそれらのおそれのある行為

 (11) 本人の同意を得ることなく、又は詐欺的な手段(いわゆるフィッシング及びこれに類する手段を含みます。)により他者の会員

 登録情報を取得する行為

 (12) 当社が事前に書面をもって承認した場合を除く、本サービスに基づく業務委託以外を目的とした本サービスを使用した営業活

 動、本サービスに基づく業務委託以外の営利活動を目的とした本サービスの利用、又はその準備を目的とした本サービスの利用

 (13) 法令に基づき監督官庁等への届出、許認可の取得等の手続きが義務づけられている場合に、当該手続きを履行せずに本サービス

 を利用する行為その他当該法令に違反する又は違反するおそれのある行為。

 (14) 本サービスの運営を妨害する行為、他の利用者又は第三者が主導する情報の交換又は共有を妨害する行為、又は信用の毀損又は

 財産権の侵害等のように当社、利用者又は他者に不利益を与える行為。

 (15) 長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行い、又は義務や理由のないことを強要し、当社の業務に著しく支障を来

 たす行為。

 (16) 当社又は他者になりすます行為(詐称するためにメールヘッダ等の部分に細工を行う行為を含みます。)

 (17) 有害なコンピュータプログラム等を送信し、又は他者が受信可能な状態におく行為

 (18) 他者に対し、無断で、広告・宣伝・勧誘等の電子メール又はメッセージ(以下「電子メール等」といいます。)若しくは嫌悪感

 を抱く電子メール等(そのおそれのある電子メール等を含みます。)を送信する行為、他者の電子メール等の受信を妨害する行為、連 

 鎖的な電子メール等の転送を依頼する行為、又は当該依頼に応じて転送する行為

 (19) 他者の設備若しくは本サービス用設備(当社が本サービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器及び

 ソフトウェアを言い、以下同様とします。)に無権限でアクセスし、又はポートスキャン、DOS攻撃若しくは大量のメール送信等によ

 り、その利用若しくは運営に支障を与える行為、又は支障を与えるおそれのある行為

 (20) サーバ等のアクセス制御機能を解除又は回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為

 (21) 口コミサイトやブログに、ある商品又はサービスについて実際のものより著しく優良・有利だと誤認させる内容を記載すること

 を依頼する行為。

 (22) クライアント及びマーケターの依頼内容と明らかに異なる成果物の提案や、依頼とは別の目的で作成された成果物を提案として 

 行う行為

 (23) クライアント及びマーケターが自身又は自身の影響下にある利害関係者の提案を採用する行為 。

 (24) 「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示

 法)等を含む各種法令(ガイドライン等含む)に違反する行為及び違反するおそれのある行為」

 (25) 上記各号の他、本規約に違反する行為、公序良俗に違反する行為(暴力を助長し、誘発するおそれのある情報又は残虐な映像を 

 送信又は表示する行為や心中の仲間を募る行為等を含みます。)その他迷惑行為。

 (26) 上記各号のいずれかに該当する行為(当該行為を他者が行っている場合を含みます。)を助長する目的で他のサイトにリンクを 

 張る行為

 (27) その他当社が利用者として不適当と判断した行為

 

 

第4.2条 (監視業務)

 

 当社は、当社の裁量により、利用者が本サービスを適正に利用しているかどうかを監視する業務を行うものとし、利用者はそれに同意 

 るものとします。

 

 

第5章 決済手続

 

第5.1条 (決済手続)


1 本取引に関する金銭の支払いについては、銀行振込が利用可能です。

2 本取引の報酬の支払時期及び方法については、以下の各号によるものとします。なお、本項に定めるとおり、クライアントを含むマ

 ーケターのアンバサダーに対する報酬の支払事務については、当社がアンバサダーに代わり当該報酬又は報酬額相当の金員を受領し、

 それを当社がアンバサダーに引渡すことにより行われるものとします。

  (1) 本件業務の成果物がマーケターの検収に合格した時点でクライアントを含むマーケターは、当社に対し、アンバサダーに対する  

    報酬の払込みをするものとします。

  (2) クライアントを含むマーケターから当社に対し、報酬の払込み(当社指定の銀行口座への振込の決済の完了)が行われた場合、 

    当社はアンバサダーに対して、払い込まれた金員から本サービスの利用料(以下「システム手数料」といいます。)及びアンバ 

    サダーへの振込手数料を控除した金員を、当社が別途定める報酬の出金方式のうち、アンバサダーが指定する方式に従って支払

    うものとします。ただし、以下の時点までは、当社は、アンバサダーに対する支払いを行わないものとします。

    ① 第3.4条第2項に定めるとおり、マーケターが成果物を検収し、合格となった上で、その検収結果の通知が当社に到着した時点

    ② 検収の翌月末日

3 当社に対するクライアントを含むマーケターの振込手数料については、クライアントを含むマーケターが負担するものとし、アンバ

 サダーに対する当社の振込手数料については、アンバサダーが負担するものとします。

4 会員が指定できる振込み先口座は、銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫、労働金庫、信用農業協同組合連合会、信用漁業協同組合連合

 会、農業共同組合のいずれかの日本国内の口座とします。なお、会員が指定した口座情報に不備があり振込みができない場合、組戻し

 にかかる手数料は会員が負担するものとし、口座情報の不備が解消されるまで、当社は払い戻しを行わないものとします。

5 受発注者間で本取引に関する報酬を直接授受することを禁止します。なお、直接の報酬の授受の有無にかかわらず、クライアントを

 含むマーケターは、当社に本条第2項所定の報酬の払込みを行う義務があるものとします。

6 本条に基づいて、報酬の支払い又は返金を行って以後、当事者間の報酬等の支払いに関して、当社は一切責任を負わないものとしま

 す。

第6章 知的財産権

 

第6.1条 (本サービスに関する知的財産権)


1 本サービスで当社が作成・提供・掲載する画像、テキスト、プログラム等に関する著作権等の一切の知的財産権は、当社に帰属しま

 す。

2 本サービスで当社が作成・提供・掲載する一切の画像、テキスト、プログラム等は、著作権法、商標法等の法律により保護されてい

 ます。

第6.2条 (本取引の成果物等に関する知的財産権及びその利用)

 

1 本サービスを通じてアンバサダーがクライアントを含むマーケターに対して納品した成果物に関する著作権等及び肖像権の知的財産

 権(著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)はアンバサダーに帰属するものとします。ただし、アンバサダーとクライアン

 トを含むマーケターとの間で別段の合意がある場合にはこの限りではありません。

2 第三者の保有する知的財産権について、第三者の許可を得たうえでアンバサダーが成果物に利用した場合、当該知的財産権は、第三者

 に帰属します。

3 アンバサダーが提出した成果物、会員がプロフィール、ポートフォリオ又は電子掲示板に掲載又は投稿した画像、テキスト、プログ

 ラム等、本サービス上で会員が作成・登録・提供・掲載した一切の画像、テキスト、プログラム等について、当社は、本サイトや販促

 物に掲載する等、当社が本サービスの広告宣伝等のために必要な範囲で、無償かつ永続的に利用できるものとします。また、かかる利

 用に際して、会員は、当社に対して、著作者人格権を行使しないものとします。

 

 

第7章 秘密情報の取扱い

 

第7.1条 (秘密情報の取扱い)


1 会員は、秘密情報を秘密として保持し、事前に開示者の書面による承諾を得ることなく、第三者への開示又は漏洩をしてはならず、

 また、本サービスの利用及び本取引の履行の目的以外で使用しないものとします。

2 次の各号に定める情報は、秘密情報から除外します。

 (1) 開示者から開示を受ける前に、被開示者が正当に保有していたことを証明できる情報。

 (2) 開示者から開示を受ける前に、公知となっていた情報。

 (3) 開示者から開示を受けた後に、被開示者の責に帰すべからざる事由により公知となった情報。

 (4) 被開示者が、正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手した情報。

 (5) 被開示者が、開示された情報によらず独自に開発した情報。

3 会員が本条第1項の規定に違反したことにより他の会員その他の第三者との間で紛争が生じたとしても、当社は、一切の責任を負わ

 ないものとし、当該会員の責任と費用で、これを解決するものとします。

第8章 本サービスの中断等


第8.1条 (本サービスの中断・変更・停止・終了)


1 当社は、システム障害及び保守、停電や火災などの天変地異その他技術上・運営上の理由により、本サービスの提供が困難であると

 判断した場合、利用者への事前の通知を行わず、本サービスの中断(一時停止)を行う場合があります。

2 当社は、2週間前までに、会員に電子メールでの通知及び本サービスの提供を行うWebサイト上で告知を行うことにより、本サービ

 スの変更、停止及び終了を行うことができるものとします。

3 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第9章 本サービス内「Lifelog」個別利用規約


第9.1条(定義)


本同意書において使用する次の各号に掲げる用語の意味は、当該各号に定めるところによる。

 (1) プロダクト
 当社が提供するLifelogサービスをいう。当社は独自の判断でそのサービス内容の改訂、改良を行うことができるものとする。

 (2) 関連資料
 当社がプロダクトの使用に関して提供するマニュアル等「ソフトウェアプログラム」以外の資料をいう。

 (3) 使用
 本同意書に従い、プロダクトのインストール、実行、画面等の出力を行うこと及び関連資料を利用することを言う。
 


第9.2条(使用権の内容)

 

1 アンバサダーは、プロダクトを本契約の存続期間内において使用することができる。
2 アンバサダーは、機械読み取り可能な形式又は印刷物として提供されたかを問わず、プロダクトを自己使用のため必要な場合に限

 り、複製することができる。
3 プロダクトの原本及び複製物の所有権は全て当社に属するものとし、本契約終了の場合は、アンバサダーは直ちにそれらの全てを自

 らの責任において処分するものとする。
4 アンバサダーは当社の書面による事前の承諾がない限り、本同意書に基づく使用権につき再使用権を設定しもしくは第三者に譲渡

 し、またはプロダクトもしくはその複製物を第三者に譲渡転貸もしくは占有の移転をしてはならず、またアンバサダーは、本同意書上

 の地位を第三者に譲渡してはならない。
5  アンバサダーはプロダクトを変更することはできない。
 


第9.3条(プロダクトの権利関係)
 

「Lifelog」に加えられたプログラムについての一切の知的財産権は、当社に帰属するものとする。
 


第9.4条(契約期間)


1 本同意事項は、本同意書締結の日から発効し、アンバサダーによる退会処理実施により終了する。
 


第9.5条(責任)


1 当社は、サービスの提供が迅速かつ正確に行われるように努力する。
2 当社の責めに基づくアンバサダーに対する損害賠償責任は、プロダクトの使用が第三者の著作権または工業所有権の侵害となった場

 合を除き、直接の結果として被った通常かつ現実の損害に限定されるものとする。但し、当社のアンバサダーへの損害賠償の上限は、

 アンバサダーから当社に支払われたサービス利用料とし、当社とアンバサダーが協議の上決定されるものとする。
3 アンバサダーは、プロダクトを利用する際、アンバサダーの責めに帰すべき事由によって、当社に損害を与えた場合は、当社が被っ

 た損害を賠償しなければならない。
4 当社は、プロダクトの結果については、アンバサダーに対して一切の責任を負わないものとする。
5 アンバサダーの顧客やフォロワーが、当社のプロダクトの結果に基づいて投資を行い、損失を被ったとしても、当社はアンバサダー

 に対しても、アンバサダーの顧客及びフォロワーに対しても、一切の責任を負わない。
6.   アンバサダーは、前項について、アンバサダーの顧客及びフォロワーに対して、事前に十分な説明を行い、トラブルの発生を回避

 しなければならない。
 


第9.6条(秘密保持)


1 アンバサダー及び当社は、本契約の履行に関連して知り得た機密情報を、本契約の目的以外に使用し、又は、他方当事者の了解なし

 に、第三者に公表してはならない。ただし当社は当サービスに関わる広告宣伝活動、クライアント及びマーケターに対する提案やサー

 ビス提供に伴い、使用できるものとする。
2 本条の規定は、本契約終了後も有効に存続するものとする。
 


第9.7条(個人情報)


1 アンバサダーは、プロダクトに入力したアンバサダーの顧客の個人情報は、①ユーザー統計データの構築、②パスワード再設定時の

 対応、③ニュースメールの送信、④株魂の優勝者への商品発送、の目的(以下、「個人情報の使用目的」という。)に使用するため、

 当社に提供されることを認識し、事前にアンバサダーの顧客及びフォロワーに対して、自身の個人情報が当社に第三者提供されること

 を事前の説明し、同意を得なければならない。
2 当社は、アンバサダーから提供されたアンバサダーの顧客やフォロワーの個人情報(以下「アンバサダーの顧客及びフォロワー個人

 情報」という。)を個人情報の使用目的の範囲内においてのみ使用することができる。
3 当社は、アンバサダーの顧客及びフォロワーの個人情報を個人情報の使用目的の範囲内においてのみ使用している限りにおいて、ア

 ンバサダー及びアンバサダーの顧客やフォロワーに対して、一切の責任を負わない。
4 当社は、アンバサダーの顧客及びフォロワー個人情報をもとに匿名加工情報を作成し、第三者に提供する場合には、個人情報保護法

 の規定を遵守するものとする。
 


第9.8条(解約)


1 アンバサダー又は当社は、相手方が本契約のいずれかの条項に違反し、相当期間を定めて行った催告の後も是正されないときは本契

 約を解除することができる。
2 アンバサダー又は当社は相手方に次の各号に掲げる事由の一が生じたときには、何らの催告なく直ちに本契約を解除することができ

 る。
(1)  重大な過失または背信行為があったとき。
(2)  支払いの停止があったとき、または仮差押、差押、競売、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更正手続開始、もしくは特別

    清算開始の申し立てを受けたとき。
(3)  手形交換所の取引停止処分を受けたとき。
(4)  公租公課の滞納処分を受けたとき。
(5)  アンバサダーまたは当社の取締役若しくは使用人(嘱託その他使用人に準ずる者、業務委託の受託者及びその使用人若しくは使  

    用人に準ずる者を含む)が反社会的勢力の構成員、又はこれに準ずるものと判明したとき。
 


第9.9条(不可抗力)


 本契約に基づく業務上の不履行または履行の遅延が天災、戦争、暴動、労働争議または法令、その他本契約の当事者の合理的支配を越 

 える事由により生じた場合には、当該義務の不履行または履行の遅延をなした当事者はそれについての責任を免れる。

 

 

第10章 保証、免責、損害賠償


第10.1条 (保証の否認及び免責)


1 会員登録取消し、利用者によるID・パスワードの第三者への漏洩、利用者による秘密漏示、本サービスのシステム不具合や障害・中

 断やデータの消失・漏洩等により生じた不利益・損害等、本サービスの利用により利用者に生じた一切の不利益・損害について、当社

 は、一切の責任を負いません。

2 利用者が、本サービスを利用することにより、他の利用者又は第三者に対し不利益・損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任

 においてこれを賠償するものとし、これらの一切の不利益・損害について当社は一切責任を負いません。

3 当社は、本サービス上で行われる本取引を管理するものではなく、本取引によって生じた一切の不利益・損害について一切責任を負

 いません。

4 本サービス上でやりとりされるメッセージや送受信されるファイルに個人情報等が含まれていた場合、それによって利用者が被った

 不利益・損害について、当社は一切責任を負いません。

5 当社は、会員の身元の保証をするものではなく、またアンバサダー又はクライアントを含むマーケターが本サービス上で取引を完了

 することを保証するものでもありません。

6 当社は、アンバサダーが提出した成果物、会員がプロフィールやポートフォリオ又は電子掲示板に掲載又は投稿した画像、テキス

 ト、プログラム等、本サービス上で会員が作成・登録・提供・掲載・投稿した一切の画像、テキスト、プログラム等について、本サイ

 トの円滑な運営又は本サービスの継続的な提供のために必要な範囲内で、当社の判断により、変更、切除その他の改変を行うことがで

 きるものとし、これらによる一切の不利益・損害について、当社は、一切責任を負いません。

7 何らかの理由により当社が責任を負う場合であっても、当社は、会員が被った損害につき、5万円を超えて賠償する責任を負わないも

 のとし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものと

 します。

第11章 契約解除等

 

第11.1条 (契約解除等)


1 当社は、利用者の行為が本規約に反すると判断した場合に、当社の判断により、当該利用者に何ら通知することなくして、本サービ

 スの提供の一時的又は永続的な停止、本利用契約の解除、本サイトへのアクセスの拒否、本サイト上におけるプロフィール等の掲載情

 報や電子掲示板への投稿の全部若しくは一部の削除、変更又は公開範囲の制限等の必要な措置をとることができるものとします。

2 前項に基づく当社の対処に関する質問、苦情は一切受け付けておりません。なお、利用者は、当該措置によって被った一切の損害に

 ついて、当社に対して賠償請求を行わないものとします。

3 当社は、利用者が本規約違反等の悪質な行為を行っていると判断した場合、当該利用者に対して法的措置を検討するものとします。

4 利用者は、利用者が本規約違反等の行為を行ったことにより当社に損害(第三者に損害が生じ、その損害について当社が填補した場

 合を含む)が生じた場合、その一切の損害について、当社に対して賠償する責任を負うものとします。

5 利用者は、利用者が第5.1条第5項に違反した場合、違約金として、当該取引の報酬額に対するシステム利用料相当額か金200万円の

 いずれか大きい方の金額(当該取引の報酬額に対するシステム利用料相当額の算定が不可能な場合は、金200万円)を当社に支払うも

 のとします。

第11.2条 (反社会的勢力の排除等)


1  利用者は、当社に対し、次の各号の事項を確約するものとします。

 (1) 自ら及びその役員(取締役、執行役、執行役員、監査役又はこれらに準ずる者をいう。)が、暴力団、暴力団員、暴力団準構成

     員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者(以下、総称して「反社会

   的勢力」という。)ではないこと、及び反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと

 (2) 自己又は第三者の利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力を利用し、又は反社会的勢力に対して資金 

   等を提供し、又は便宜を供与するなど、反社会的勢力の維持、運営に協力し、又は関与していると認められる関係を有していない

   こと

 (3) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本利用契約を締結するものでないこと

 (4) 自ら又は第三者を利用して、相手方に対し、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の   

   務を妨害し又は信用を毀損する行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、その他これらに準ずる行為をしないこと

2  当社は、利用者が前項の確約に違反した場合、何らの通知又は催告をすることなく、本利用契約の全部又は一部を解除することがで

 きるものとします。

3  当社は、前項の規定に基づき本利用契約の全部又は一部を解除したことにより利用者に損害が生じた場合であっても、一切責任を負

 わないものとします。また、本条に違反した利用者は、当社に対し、当該違反に起因する一切の損害を賠償しなければならないものと

 します。

第11.3条 (退会手続)

 会員が退会を希望する場合には、当社所定の手続きにより、いつでも会員登録を抹消することが出来ます。ただし、当該会員が以下に

 定める状況にある間は退会できないものとします。

 (1) 自らが受発注者となって成立した本取引の業務が終了していない場合

 (2) 自らが受発注者となって成立した本取引の決済手続きが完了していない場合

第12章 一般条項


第12.1条 (当社からの連絡又は通知)


1 当社が会員への連絡又は通知の必要がある場合には、登録されたメールアドレス宛にメールするか、登録された住所宛に郵送するこ

 とによって、連絡又は通知を行います。

2 利用者は、原則としてメール又はお問い合わせフォームより当社への連絡を行うものとします。電話による連絡及び来訪は受け付け

 ておりません。

3 当社からの連絡又は通知を受け取りたくない場合は、本サービス内、「メールアドレス・パスワード編集」ページにおいて、「メー

 ル配信を希望する」のチェックボックスを外すことで変更ができるものとします。

第12.2条 (地位等の譲渡禁止)

 利用者は、本規約に基づく権利、義務及び本規約の契約上の地位の全部又は一部について、これを第三者に譲渡、質入れ、その他の方

 法により処分してはならないものとします。ただし、当社の書面による事前の承諾がある場合を除きます。

第12.3条 (本サービスの譲渡等)

 当社は、本サービスの事業を第三者に譲渡した場合、当該事業譲渡に伴い、本サービスの運営者たる地位、本規約上の地位、本規約に

 基づく権利及び義務並びに会員の登録情報及びその他情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、会員た

 る地位、本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報その他情報の譲渡につきあらかじめ同意するものとしま

 す。

第12.4条 (不可抗力等)

 当社及び利用者が、以下に掲げる各号に定める事情に起因して本規約上の義務の履行を遅滞し又は履行不能となったときは、当該当事

 者はその責を負わないものとします。

 (1) 自然災害、火災及び爆発

 (2) 伝染病

 (3) 戦争及び内乱

 (4) 革命及び国家の分裂

 (5) 公権力による命令処分

 (6) 暴動

 (7) ストライキ又はロックアウト

 (8) その他前各号に準ずる事態

第12.5条 (分離可能性)


 本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約

 の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

 

 

第12.6条 (存続条項)

 第2.1条第7項、第2.2条第3項、第2.3条、第3.1条第4項、第3.2条第2項、第3.3条第6項、第3.4条第4項、第3.6条、第5.1条第5項~

 第6項、第6章に定める各条項、第7章に定める各条項、第10章に定める各条項及び条項の性質に鑑み当然に存続すべき規定は、解除そ

 の他理由の如何を問わず、本利用契約が終了した後もその効力を存続する。

第12.7条 (協議条項)

 本規約の各条項の解釈に疑義が生じた場合又は本規約に定めなき事由が生じた場合は、互いに信義誠実の原則に従って協議のうえ速や

 かに解決を図るものとする。

第12.8条 (準拠法・管轄裁判所)


1 本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約の一部が無効な場合でも、適用可能な項目については効力があるものとしま 

 す。

2 本サービスに関連して訴訟等の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

以上
令和2年9月1日 制定​